のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


【私見】iPadの強度

すいません。ちょっとメモ書き…。

 

iPadの強度ですが、現行のiPhone6やiPhone6Plusの強度はこちら。

 


では、iPadの強度は?

 

 

たぶん、iPad Air 2 と iPad mini 3 を折ってくれる人が出てくるでしょうけど、その前に概算を。

 

筐体の分解サイトを見る限り、強度のほとんどは電池で持っているような気がします。

 

が、ひとまずは外の寸法だけで検討します。

 

 

 

計算!!

強度は厚さの2条、幅に正比例、長さに反比例します。

 

 

ちなみに、強度=厚さ^2×幅/長さです。強度比はiPhone6を基準にしました。

iPadの強度(概算)
名称厚さ長さ強度強度比
iPhone5 7.6 mm 58.6 mm 123.8 mm 27.3 1.18
iPhone6 6.9 mm 67.0 mm 138.1 mm 23.1 1とする
iPhone6Plus 7.1 mm 77.8 mm 158.1 mm 24.8 1.07
iPad Air 2 6.1 mm 169.5 mm 240 mm 26.3 1.14
iPad mini 3 7.5 mm 134.7 mm 200 mm 37.9 1.64

この計算結果からすれば、強い方から

 

iPad mini3(164)>iPhone5(118)≑iPad Air2(114)>iPhone6Plus(107)>iPhone6(100)

 

ということです。

 

これはあくまで工学的な角棒での計算なので、お遊びに過ぎません。

 

とはいえ、上のサイトのiPhone6とPlusの強度は

iPhone5 130ポンド曲がり、150ポンドで剥離

iPhone6 70ポンドで曲がり、100ポンドで剥離

iPhone6Plus 90ポンドで曲がり、110ポンドで剥離

 

と、傾向だけは同じにはなっています。(比率は全然違うんですが、iPhone5は四角い分だけ強いんだと思います。適当なこと言ってます…すいません…)

 

まとめ!

概算上、iPad Air 2は、iPhone6Plusよりちょっと強く、おそらくiPhone5よりは弱い、ということになりそうです。