のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


小保方さん

結局、存在が証明されないまま、幕引きを狙っているようですね。

小保方さんのコツ、知りたかったんですが。

個人的には、
  1. 小保方さんが、STAP細胞がどんなものかチキンと知らないのに、本気で勘違いしていた(誰かから、光ったらSTAPだよ、と言われたとか)。
  2. とりあえず書いたなんちゃって論文が取り上げられすぎて、引くに引けなくなっただけ(研究所から、なんでもいいこら書けと言われたとか)。
  3. 本気でウソ論文を作った。小保方さんのコツとは、似た性質を持つ細胞を途中で追加して、あたかも自分が作ったかのように見せるもの。
なんて邪推ができます。

いかにごまかしたのかは、小保方さんが正直に言えばいいのに、なんで言わないんでしょう。

細胞ができない=小保方さんが完全な嘘つきと証明されるものです。

お金や時間は無駄になりましたが、実害が出たわけでもなく、早く謝ったら軽い怪我で済む問題だったのではないかな?と、残念に思います。

事実は闇に消されるのでしょうか?

マスコミは、どこかの研究機関に依頼して、細胞を作ってもらおうとはしなかったのでしょうか?

こんご、どうなるんでしょう?

bokeboke