のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

【3月29日】【映画レビュー】イコライザー(劇場公開版)を見ました。

 
 
 

何が違うんでしょう?

 
レンタルで借りる、Blu-rayの劇場公開版。
 
 
ということで、確認してみます。
 
 
アンレイテッドバージョンという、過激な描写ありバージョンのようです。
 
劇場公開版でも十分過激で、結構グロテスクなシーン満載で、気持ち悪くなりました(^_^;
 
宣伝では、仕事を19秒で片付ける、が謳い文句ですが、最初の1回だけです。他は、普通にバトルしてます。
 
お話は、勧善懲悪、コテコテのハッピーエンド、MASTERキートンのような工夫を凝らした敵の倒し方、まさに必殺仕事人です。
 
あり得ない殺し方も満載ですが、それでも十分に楽しめる、安定の一本だと思います。
 
ひねりが欲しい人は、パスした方がいいかも。
 
あと、暴力やグロテスクなシーンが苦手な人は、劇場公開版でもダメかも。
 
デンゼル・ワシントンさんの声をあててる声優の大塚明夫さん、そして、警備員になる桜井敏治さんは、ふしぎの海のナディアで共演されてて、個人的には不思議な感覚でした。
 
それにしても、声優界って見てるだけだと不思議です。
 
大塚明夫さんは俳優大塚周夫さん。
 
テリー役の声の潘めぐみさんのお母さんはガンダムで有名な潘恵子さん。
 
大塚明夫さんの出版された本では、席は300しかない声優。
 
狭いからこそ、なんども同じ方々が共演しているとは思いますが、歴史を感じます。
 
 
取り留めないし、作品について語って無くて恐縮です。
 
 
bokeboke