のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


【速報レビュー】iPhone6 Plus 用Lifeproof ライフプルーフ nuud買ったよ!

 

 

 

 

 

4月上旬から順に…というメーカーのお話のとおり、やってきました!

 

我が家にも!

 

Lifeproofライフプルーフ!iPhone6 Plus用のnuud購入!

 

正式な販売はこちらから。

こだわりのiPhone 6/6 Plusケースならcaseplay / nuud for iPhone6 Plus White

 

そして、メーカーのページはこちら。

lifeproof.jp

 

なぜか、iPhone6 Plusのページがないですが( ̄。 ̄;)

 

ということで、早速、取り付けまでのご紹介です!

 

 

開封の儀式

はい、箱です。

f:id:bokeboke_chan:20150422214902j:image

 

 

同梱物を紹介

色んな物が入ってます。
  • ライフプルーフ本体
  • 説明書、たくさん
  • 汚れを取る布
  • イヤホンの延長ケーブル
  • 専用の保護フィルム
ここで気になるのが、フィルム。
 
今使ってるのは、フロント画面をほぼ全体を覆うタイプ。なので、上は耳に当てるスピーカーと明るさセンサー辺りまで覆っています。下はタッチIDの左右まで来てます。
 
 
f:id:bokeboke_chan:20150422214911j:image
 
ところが、ライフプルーフのヌードの保護フィルムは、画面サイズピッタリ。防水のために、パッキンに当たらないようにするためだと思います。

 

パッキンはダブル?

こちらが、ヌード、つまり、画面がモロ出し(^_^;) のキモ、画面に当たるパッキンです。

f:id:bokeboke_chan:20150422214920j:image
画面側への当たりは、三角?で、パッキンにかかる圧力が高くなるようになってるようです。だから画面が直接触れる構造でも、防水なんですね。
 
そして、ケース自体はOリングです。相変わらずですが、iPhone5用とは異なり、グレーです。
 
 

水に沈める前に

ダミーの青い箱?をフロント側にセットして、裏面の蓋をします。
 
ここで、注意が必要です。
f:id:bokeboke_chan:20150422214932j:image
 
この青いケース、Lightningコネクタ部分が飛び出ているので、背面側をテーブルにおいて、背面に載せたまま前面を押しつけて蓋をすることができません。
 
 
f:id:bokeboke_chan:20150422214939j:image
 
このように、必ずフロント側のLightningコネクタの部分に青いケースを入れてから、ライフプルーフの背面側を押しつけて蓋をします。
 
 

セッティング完了

テスト用のセッティング完了です。
f:id:bokeboke_chan:20150422214948j:image
 
 
 

潜水開始

 
f:id:bokeboke_chan:20150422214953j:image
 
30分、沈めます。
 
お風呂の洗面器に水をためて、ボディーソープのボトルを載せて沈めてます。
 
説明書のとおり、30分沈めて内部の濡れをチェックします。
 
 
 

テストの結果

はい。とりあげました。
 
 
 写真、撮り忘れました(^◇^;)

と思ったら、写真見つけました!

 f:id:bokeboke_chan:20150422215017j:image
 
 
 
 問題なかったので、問題の付属フィルムを貼ります。
 
 
 f:id:bokeboke_chan:20150410231026j:plain
f:id:bokeboke_chan:20150410231005j:plain
 
いやぁ。フィルムの泡が消えない、昔のタイプです。
 
ホコリは完全に取り除いても入る…我が家が汚いのかな(゚▽゚*)
 
フィルムは、今のところカサカサで、変に粘る感じで使いにくいです。
 
 
 
 
 
 

気になっていた、Touch IDの使い心地

 
 

f:id:bokeboke_chan:20150410231447j:plain

 
問題あり!!!
 
蓋を開けたとたん確認できたこれ。凹みがかなり深いので、心配でした。
 
実際に使ってみると、親指は完全に反応しますが、
人差し指にはほとんど反応しません!
登録していないわけではなく、ただ単に反応しません。親指登録じゃない方々は、要注意です!
 
コツ:人差し指を真横+第一関節付近を多めにすれば、認識します…でも、不便です。
 
また、ボタンを完全にプッシュするのは困難です。
 
たとえば、左手だけで持って、ダブルプッシュ?する場合は、失敗が多くなるかもしれないです。
 
とはいえ、iPhone6 Plus購入後に購入した、安物の防水ケースとは別物!親指だけですが、ちゃんと感知します!
 
 
 
 
 
 

もうひとつの問題、大きさ

 
厚みは仕様書どおり、iPhone5用と同じでした。
 
そして、あの安物と比べると、こんな感じです。
 
右が、昔の3000円の防水ケース。左がライフプルーフnuudです。
 

f:id:bokeboke_chan:20150410234243j:plainf:id:bokeboke_chan:20150410234303j:plain 

 

 
ポケットに入れるには、ちょっと気が引けます。入っても邪魔なような気がします。
 
しかし、明日から使いますよ。もちろん。
 
 

さらに、気にしていた、画面端の扱いは?

安物ケースだと、ホーム画面でアイコンを移動させるのに、隣の画面に行けない!!!って問題がありましたよね。
 
でもね、これ、行けます。さらさらーっと。移動できました。良かったです。
 
 
 
 

大問題、蓋が固すぎます!

Lightning コネクタの蓋が固すぎます!

毎日充電するのに、出っ張りがほとんど無いフタ。ツメが引っかかっても、かなりの力を入れないと開きません!非力な女性だと開かないかもしれないですね…。わたしはかなり苦労して開けてます。

ちなみに、ケース自体も固すぎです。調整のために開けたくても、開けたくなくなるくらい固すぎです。




 
 
 

最後に、質感。

1万3千円もするんですけど、質感は『安物』です。iPhone5用のfreとは異なり、完全に『おもちゃ』といってもいいかもしれません。本当に…ね、さみしい質感です。
 
質感だけで言えば、3000円のものよりちょっといい感じ。6000円か7000円も出せば十分!な感じです。2倍出すのはもったいない感じです。円安だから12000円+税ですが、円高だと9000円以下でしたから…。それでも割高なような気がします。
 
 
 

おまけ

おまけとして、保証期間延長?があります。
 
 
  • 携帯端末本体が壊れたら、修理代を保証。
  • ケースに不具合が発生したら、50%で購入可能。
 
なんとも微妙な(^_^;)
 
 
iPhoneの保証はありがたいです。SIMフリー版をAppleストアで買って保証を付けていないので、これはありがたいです。でも、ケースの不具合は50%支払って、というのは…。無料で付いてくるとはいえ、ケースの料金に含まれているような物ですからね…。ちょっと残念です。
 
 
 
 

締めます!

買いかどうか?と言われれば、防水なら仕方なく買い。他のメーカーのものもありますが、画面に直接触れる利点は、おすすめできます。ただ、保護フィルムはできるだけ早くバージョンアップして、泡が消えるタイプにして欲しいです。あまりにも古い…これ、わたしはこのタイプのフィルムを買い換えます。みすぼらしいので。
 
iPhone6 Plusの薄さが絶対、というなら、絶対におすすめできない、2倍厚さです。
 
一回り大きくなりますし、まったくスマート(スリム)じゃなくなるスマートフォン
 
どこまで許されるかは、あなた次第です。
 
しばらくしたら、またレビューしますね。
 
bokeboke