のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

【5月9日】【映画レビュー】インターステラー

 
 
 
また、結論から書いちゃいます。読みたくない方は、この記事は読まずにお戻りください<m(__)m>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まとめ

アルマゲドン的な作品。
また?!ですが、フューリーに続き、またアルマゲドン的な作品に当たっちゃいました(^_^;)
 
ただし、アルマゲドン【的】なだけで、アルマゲドンではないです。ちょっと違うラストなのですが、勘の良い人は分かるんでしょう。
 
わたしは鈍いので、最後まで楽しめました。
 
 
 

あらすじ

謎の疫病で、地球が食糧危機に瀕する(ただし、アメリカ限定っぽい話なので、ちょっとさみしい感じ)。
科学者が頑張って、新しい惑星を探して宇宙船で出かけていくお話です。
 
 

流れ

24的な、ドタバタなお話があって、最終的にアルマゲドン的な話になるんですが、完全にSF、純粋にフィクションとして、スターウォーズのように見た方がいいです。リアリティを加えるためにか、物理とか学問の話を散りばめていますが、リアリティを追求したSFではないです。
 
 
 
 

続編

なんだか、続編を期待させる作品に仕上がってます。もしかして、続編があるんでしょうか?
 
仮に、続編があるとしたら、アクション映画として楽しめるんじゃないでしょうか。本作とは違って、最終的な目的は1つなので、ドタバタなエンターテインメント作品になると思います。
 
 
 

最後に

最近は、アルマゲドン的な作品がはやってるんでしょうか?
 
アルマゲドン的な作品は、たまにあるから冴えますが、いつもいつもアルマゲドンだと、勧善懲悪と同じく冷めちゃうし、割り切って見なくちゃいけませんものね。
 
 
新たなエンディングパターン、なかなか出てこないですよね。こういうのって、発明品ですものね。
 
 
bokeboke 
 
広告を非表示にする