読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


【12月2日】自分なりの、【おいしい】レベル





お休みブログばっかりですね(^_^;)

自分の中での、おいしいレベルを説明しよう!のコーナーです!


とんでもなくおいしい

誰でもとんでもなくおいしいでしょ!って思うレベルです。未体験の味で、強烈においしい時です。

  • 黙ったまま、にやりと笑う
  • ビックリして声を出してしまう
そんなおいしさです。

高級焼肉、高級ステーキ、高級なトロがここに入ることがありました。


おいしい

体験済みでおいしいと、このレベルです。

お好み焼きやハンバーガーなど、手堅いおいしさです。


口に合う

おいしいけど、経験上、おいしいと思わない人もいるだろうなぁ、な時です。

お米の味があまり分からないので、おいしいと言われるお米やパンなど、主食関係はこちらです。

併せて、瀬戸風味など、ローカルな食品がこちらです。


普通

特に何も感じずに黙々と食べるときです。

普通のお米、パン、野菜やお肉、魚などです。



口に合わない

周りがおいしい!といってるけど、わざわざ食べることはないなぁ、違和感があるなぁ、という時です。

納豆、チーズなど、食べられるけど食べない食品です。いわゆる、嫌いな食べ物です。

まずい

体に危険なレベルとして感じるときです。
プラスチックのにおいがする、塩辛すぎる、甘すぎる、腐敗臭がするなど。口には入れられるけど、我慢したら飲み込める時です。


食べられない

口に入れても出してしまうもの。

動物の骨、繊維が堅すぎる野菜や種、吐きそうなにおいがするものなどです。


それで?

それだけです(^_^;)

こういうのを文にしてみただけですが、みなさんもこういう感覚とレベルでしょうか?




bokeboke