のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


【1月11日】ベッキー不倫騒動を擁護してみる。




この記事は、週刊文春の記事が事実だとした場合のお話です。


記事の内容

ご存じのとおりなので、省略します(^_^;)。

記者会見

わたしが気になったのは【うなずき】です。

話す内容をブロックに分けて、話し終わるたびにお辞儀と【うなずき】が入ってます。
この【うなずき】。【よし、このブロック話し終えた】と取ることもできます。

日本テレビで放送していた、TOREなどで成績がよかったことから、演技でも謝罪でも勉強熱心なんだなぁ、とも思えましたが、あまりのできの悪さにガックリしました。

擁護するとすれば、そつなくこなしたかのように見えたことくらいでしょうか。


ベッキーの今後

CMの減少、一時的な露出の減少はあっても、またコンスタントにテレビに出てくるようになるでしょう。あくまで、個人的な事件ですから。


ベッキーのものまね

  • 白いブラウスにおしゃれな茶色のスカート、という、イケイケなスタイリング
  • 笑いをこらえるのに必死な表情
  • 話し終えるたびに、コクッっとうなずく仕草
  • 最後にスタッフさんにアイコンタクトで合図をする感じ
をデフォルメして、誰か記者会見のものまねしませんかね?www


【まさかの、お別れ】

この記事を書いている最中に入ったニュース。
記者会見の前日の5日にはベッキーとお相手のゲスさんがお別れし、二度と会わないことを決めたとのことです。

なので、記者会見でのは発言は、【今は】お友達、【今は】恋愛関係にはない、ということなのでしょう。

質疑応答があれば、【今は】の部分が質問されて、全部応えなければならなくなります。質問に応えられなければ謎は深まるばかり。ベッキーさんも困るでしょう。

とにもかくにも、だましていたであろうゲスさんのかっこ悪さのイメージを勝手にわたしたちの頭に焼き付けてくれましたね。本当に大きな一打です。

ゲスの極みさんの認知度が上がって売れるのか、サンミュージックの力で縮小を余儀なくされるのか。

注目ですね。


bokeboke