読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


【1月14日】陸上100m200m400mのスタートルールの変遷とタイム

 
 
 
陸上の日本記録について、武井壮さんがツイートしていました。
 

武井壮さんのツイート

 
 
さて、原因はなんでしょう?
 
 

日本記録の推移

 

参考に、アメリカ記録

 

List of United States records in track and field - Wikipedia, the free encyclopedia


アメリカを見ても、

100m 2009年(7年前)

200m 1996年(20年前)

400m 1999年(17年前)

と、比較的古い記録が並びます。

 

幅跳びも1991年で25年前です。

 

つまり、日本が~と言うわけじゃなくて、アメリカも同じ状況ということです。

 

 

世界記録

 

陸上競技の世界記録一覧 - Wikipedia

 

100m、200mはボルト選手の2009年。それでも7年前です。

400mは1999年。17年前の記録です。

走り幅跳びは1991年で25年前の記録です。

 

 
 

スタートのルール改正はいつ?

スタートのルールが改正されたはずです。それが原因じゃないのかな?
 
スタートの音を聞いてから、スタートを切るまでの時間。これが人間の仕組みの都合上、どんなに早くても0.1秒かかるとか、そういうルールに変わった事があった気がしたので、調べます。
 
 
 
 
ルールの大きな改正は1999年のようです。
 
 
 
 
 
スタートだけで、0.1秒0.2秒遅れているというものです。とはいえ、大きな壁にはなっていないのかな、という感じです。
 
 

更なる一言

 
アメリカ記録を調べると、Google検索でこんなまとめが。
 

 

 
 
女子記録が長年更新されていないことを、ドーピングが行われていたからでは?というまとめです。
 
 
そして、武井壮さんのツイートは、ドーピングに言及しています。
 
 

 
 
 

ドーピングで記録が伸びるのは事実で、そういう人たちはたくさんいたわけです。特に昔は露骨にです。

 
武井さんが例としてあげた
10年前で2006年。
20年前で1996年。
 
ドーピングがうるさく言われたのはいつでしょう?
 
 
 
 
ここで見る限り、2004年のようです。
 
日本記録が、
100m 1998年(18年前)
200m 2003年(13年前)←フライングルール改正の1999年よりは後
400m 1991年(25年前)
走り幅跳び 1992年(24年前)
 
と、アンチ・ドーピングがスタートする前の記録ばかりです。
 
三段跳びは1986年、円盤投げは1979年など、1990年前後の記録が多すぎます。
 
先にも書きましたが、アメリカ記録、世界記録はそれぞれ以下のとおりです。
 

アメリカ記録

100m 2009年(7年前)

200m 1996年(20年前)

400m 1999年(17年前)

走り幅跳び 1991年(25年前)
 
世界記録

100m 2009年(7年前)

200m 2009年(7年前)

400m 1999年(17年前)

走り幅跳び 1991年(25年前)

 
分かりにくいので、表にします。
 
  日本記録 年前 アメリカ記録 年前 世界記録 年前
100m 1998 18 2009 7 2009 7
200m 2003 13 1996 20 2009 7
400m 1991 25 1999 17 1999 17
走り幅跳び 1992 24 1981 35 1991 25
    20   19.8   14
 
一番下は、平均値です。
 
日本、アメリカは伸び悩んでる。
 
一方で、世界記録でさえも、400mと走り幅跳びは長期間更新されていない。
 
100mも1999年のモーリスグリーンの次は2005年のパウエル、
200mもボルトの前は1996年(20年前)のマイケルジョンソン。
 
武井さんに、『アメリカもだ!分かってるわ!』って言われるとなんなんですけど、武井さんのツイートだけでは、日本陸上界批判は、完全に言いがかりってことになってしまいます。
 

武井壮さんの意図は?

人気が無くて人が集まらないから、とおっしゃりたいのかもしれませんが、こういう古い記録が世界記録でも、その一部である先進国のアメリカ記録でも見かけられると、昔のドーピングが原因では?と言われても仕方ないと思います。(発展途上国は記録の更新が活発でしょうから、今回の比較には使えないと思うので探してません。そうだ、ヨーロッパも見てみましょうか?)
 
もちろん、世界はドーピングが終わってからも更新し続けてる、というかもしれません。
 
 

最後に

 武井さんの頭の中には色んな情報があった上での発言ではあると思いますが、それが表に出ていない以上、誤解を招きます。
 
あくまで、個人的な情報の精査と感想ですけど、ひとまずこここでこの記事を終わりにします。
 
個人的な最終感想:
 
日本だけじゃなくて、世界的に陸上の色んな記録は色んな陸上競技で伸びてない。
そして、その原因は2004年まで活発に行われていたドーピングのせいじゃないの?
 
です。
 
 
 
bokeboke