読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


キヤノンPowerShotG7 X レビュー+プレミアムコンパクトデジカメのススメ

 
 

買う前のブログ

は、こちら。
 
 
 

買っちゃったワケ

我が家のパートナーに説得しました。
今のオリンパスのPENとの比較です。PENだと、
  • 持ち出すのが大変。
  • 首からぶら下げてるのが邪魔、
  • 純正ダブルズームレンズのフタと付け外しが邪魔で撮影しなくなる。(これから書くPENのレンズはこれのこと)
  • レンズの出っ張りが邪魔。
  • レンズの交換が面倒。
  • レンズの守備範囲が中途半端。
  • レンズが暗い。
  • 撮影するとき、レンズを回して、使える状態にしないといけないのが面倒。
  • 予備レンズを持ち出すのが面倒。
  • 宮崎あおいがCMで付けてたカバーを付けてるのでSDカード、バッテリーの取り出しが大変。
という理由で、子供が生まれたばかりだというのに、買ってからほとんど使いませんでした、をネタに購入をすることになりました。
 
やっぱりコンパクトデジカメ=コンデジは便利です。大きめのポケットなら入るし、小さなポーチに入れていても出っ張りがあまりないからすぐに取り出せて、とにかく撮影したくなります。
 
f:id:bokeboke_chan:20160601133135j:image
 
 

コンパクトデジカメの便利さ

多分、カメラにこだわりがない人だと、キヤノンPowerShot G7Xでさえ邪魔で、もう一つ小さいG9Xや、さらに廉価版の小さいデジカメを選ばれると思います。
 
でも、廉価版のデジカメを使うと画質もなんですけど、ボケなかったり暗いところでの便利さが全然違ったり、写真を撮っている時にプレビューで確認したりした時に、その画質の違いに驚くと思います。
 
 

一眼レフは無理

あくまで、我が家の結論です。一眼レフもありますが、
  • 重い
  • 大きい
  • お出かけ中に片付けられない
  • 音が大きい
  • 予備のレンズが邪魔
  • レンズの交換がめんどくさい
  • レンズのフタが面倒
  • レンズが高い
ので、使いません。
 
 

1型素子なら納得できた

そんなときに出会った、キヤノンのPowershotG7 X。
  • それなりに高画質
  • それなりにボケる
  • 暗くても想像以上にフラッシュなしで撮れる
  • 広が24mmで、自撮りで景色が広々入る
  • 望遠が100mmで便利
  • レンズに出っ張りがあるけど、我慢できる
  • ポケットやポシェットに簡単に入るし、簡単に出てくる
今までのコンパクトデジカメでも、
  • F値=2.8
  • 望遠300mm
という機種があったんですけど、素子がとっても小さいからボケないし、暗いところは撮影できないし、望遠がすごい代わりに出っ張りが大きかったり、そのせいでフラッシュがけられたり、レンズのフタが付いてたり、結構使い勝手が悪かったんです。
 
 

記憶の代わりの記録

写真は、我が家の歴史を記録してくれる大切なパートナーです。だからこそ、できるだけ多く、綺麗に残したいけど、出費はそこそこに抑えたい。
 
そんな、画質と購入価格のバランスがとれたのが、1型のコンパクトデジカメじゃないかな、って感じています。
 
  • 構えないから持ち出せる
  • お出かけ先でも楽々撮影
  • 万が一のためにフラッシュ内蔵
  • お手軽でも画質は妥協しない
と、出不精な人にはピッタリのカメラじゃないでしょうか。
 
 
 
bokeboke