読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


飛び込み営業マンを断る正しい方法

生活 豆知識

f:id:bokeboke_chan:20160621114639j:image


結構迷惑な、飛び込み営業マン。

アポを取らないで、突然やってきて、商品やサービスを宣伝する人です。

改めて、お互いの気持ちを確認してみます。

わたしも飛び込み営業してるので(;^ω^)


飛び込み営業マンの都合

  • 訪問件数を稼がなければならない(会社からの命令)。
  • 最終的に、注文してもらわないといけないので、顔を売らなければならない。
  • アポを取れないから、飛び込むしかない。
  • 飛び込んだ場合、人によっては相手が無防備になっている。アポを摂ると、断る気マンマンの人が多い。


話を聞く人の都合

  • 話を聞くのが面倒だし、時間の無駄。
  • 突然やって来た怪しい人とは話したくない。
  • アポを取らないような非常識な人、会社の製品やサービスは買いたくない。
  • 連絡先を教えると、また来る。
  • ハッキリと断りづらい。
  • 飛び込み営業で来ても、欲しいものとマッチしない。


誰を立てるか

誰を立てるかによって対応が変わりますが、できる限りみんなが怒りに達しないようにしたいですよね。


なので、波風を立てないやり取りの方法を考えます。



営業の正しい断り方


こう断ると、みんなが気持ちよくお別れできると思います。

  1. うちでは使わないけど、何かあったらこちらから連絡します。
  2. ホームページを教えて下さい。拝見して、気になる商品やサービスがあれば、こちらから連絡します。
  3. DMは、必要ならもらうことに。不要ならDMを送らないことを伝える。
  4. 今後は、アポを取ってから来てください。
  5. かといって、頻繁に来てほしくなければ、全面的に断る。

と、結局は、お互いにキチンとコミニュケーションをとって、お互いの意志を伝えることが大事、ってことですね。


迷惑だからと怒っても、


bokeboke