のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


【レビュー】へんしんバイクは早く(2才までに)買うことをオススメ

www.henshinbike.com

 

昔は自転車が大好きだったわたし。

 

そして、自転車を簡単に乗れる方法を知っていたわたし。

 

だからこそ期待していたへんしんバイクです。

 

でも、思ったようにはいきませんでした。

 

 

問題点

うしろタイヤのボルトが長すぎるので、足に乗り上げる。

ストライダーとして使うときは、自転車にするための部品を取り付けるボルトが長いので、ボルトが子どもの足に乗り上げてしまいます。

 

 


f:id:bokeboke_chan:20160626091556j:image

画像は、へんしんバイクの公式サイトから加工したものです。

 

なので、へんしんバイクがななめに飛び上がって危ないんです。

 

サドルが低い

我が家の子どもは、けっこう身長高めです。サドルをめいっぱい上げてもひざがかなり曲がってます。ご存じのとおり、自転車に乗ってちょうど良い高さは、足がべたっと付かず、つま先立ちにならないところ。ひざを曲げてベタッと付いちゃってるので、ストライダーとしても足が動かしにくくて、うまく乗れていません。

 

またを広げて、というのもかなりナナメになるので、うまくできないようです。

 

公式サイトの動画をご覧下さい。

www.henshinbike.com

 

両脚がちょうどベッタリついていたり、ちょっとだけかかとが浮いていたり、やっぱりそうなんですよね。

 

 

3才=足のサイズ15cm、身長95cm、体重12~14kgまで?

足がひっかかって、足が動かせなくて、ボディが軽すぎて…。

ということで、使えるのはこれくらいの体型なんじゃないでしょうか。

公式サイトで標準とされている体重が12~14Kg。

3才の男児です。

足のサイズが15cm。身長は95cm。

我が家の子どもは、もっともっと大きいので、大人が三輪車に乗ってるような、とっても乗りにくい感じです。

 

ですから、上のサイズを超えたら、もうストライダータイプで乗るのは危険です。この頃はまだ身長がぐんぐん伸びます。余裕を持てば、もっと早く=2才になった頃には買って、早くからたくさん乗った方がいいです。

 

www.suku-noppo.jp

trend-town.info

 

 ちなみに、ハンドルの高さも、調整はできるけどあまり変えられません。

 

自転車タイプへの変更は、スパナなどの工具を持っていない人だと大変だと思います。けっこう無理な構造で、作業自体かなり大変です。わたしはそういう作業が好きなんですけど、パチッ!っとはまるタイプじゃなくて、なんとなくこういう感じで…という調整幅が大きいタイプです。なので、コツ、経験が必要です。安全を考えたら、購入先で取り付けてもらいましょう。わたしが購入したスーパースポーツゼビオの某店舗は、レシート必須ですけど、無料だそうです。

 

bokeboke