のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

2016年6月、ANAの株主優待の割引を使ってみました

大人の階段を上る勘違いをしています(;^ω^)

 

良い経験ができました。

 

株主優待での割引

株を最低で1000株、今日だと26万円分ほど持っていると、一人、片道分を半額にしてくれる割引券を1枚もらえます。そういう割引特典です。
 
 

株主なの?

じゃなーい(・∀・)です。
 
 
株を持っていなくても、割引券(正確には、株主優待番号のご案内書)を持っていれば、誰でも使えます。
 
 

f:id:bokeboke_chan:20160627135132j:image
ANA株主優待のよくある問い合わせより。
 
 
ということで、金券ショップやヤフオクなどで購入して、利用します。
 

優待券はいくらなの?

 
わたしが利用した金券ショップでは、4900円で販売されていました。
 
 

割引はいくらなの?

半額なので、片道4万円なら2万円引き、2万円なら1万円の割引のはずです。
 
正確には、予約のサイトからご覧ください。
 
先日利用した路線は19000円ほどでしたが、株主優待は14000円ほどで、割引の額が小さかったので利用しませんでした。
 
変わって、もう一つ利用した路線は38000円ほど。購入金額が19000円ほどで、半額でした。
 
 

Skipサービスは?

使えます。カードやスマホで改札や手荷物検査を通過するシステムですけど、スマホANAアプリではSkipサービスはのマークが消えました。
 
搭乗手続きのあと、なぜか紙のチケットを下さった、陸上の係員の方。すごく心配になりましたよ!使えないから、と印刷してくれたのかと。
 
心配になって、スマホと紙を両方準備して、スマホからタッチしました。
 
結果は、スマホでピッと通過できました。
 
 

デメリットは?

 
f:id:bokeboke_chan:20160627140509j:image
 
 
一つは、写真の下から二番目。転売やオークションで入手した場合、補償がされないこと。
先に利用されてても知らないよ、ということてすね。
 
二つ目は、株主が無効化しちゃうパターン。
 
でも、株主が券を無効化しちゃうと、今度は転売の価値が下がって、売れなくなるからこの可能性は低いはずです。
 
また、今回は乗り継ぎ、それも2便目で利用したんですが、1便目が到着した時点で変更不可になってました。もう乗っちゃったことになったのかな?乗り継ぎの基本情報かもしれませんけど、わたしは知らなかったので、【やっぱり降りる!ちょっと旅行する!】とはいかないようですね。(陸上の係員さんに言えばできるのかもしれませんけど、分からないのでお調べ下さいm(__)m)
 
半額という、特割より安い割引だけど、残念ながら混雑期には数に限りがあるそうです。
 
デメリットが少ない優待券、初めて利用しましたが、本当に便利ですね。ただし、土日が主に休みの会社員のわたしには使える機会が少ないですが(;^ω^)
 
 
bokeboke