のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


アフィリエイトでも悪いことは悪いと書くのが当たり前

このブログでは、アフィリエイトGoogleアドセンスに出てくる広告に媚びを売ってのブログは書いていせん。

 
わたし自身、全てはあるべき姿を公開すべきだと思ってるからです。
 

良いことだけを書く弊害

  • 売る人(広告主)は、良いことを書いてくれてるので、より多く買ってもらえる可能性が出てくる。
  • ブログを書く人は、良いことだけを書けばいい。悪いことを書く手間が削減できる。
  • 商品の買い手は、良いところを知って買える。

 

なんですけど、逆も正しくなります。
  • 売る人は悪いことを書かれないので、製品やサービスの悪さに気づけない。
  • ブログを書く人は、事実上の偽称だったり、隠し事をしてることになる。
  • 買う人は、悪いところをネットで探す手間が発生するので無駄が出てくるし、ほかのサイトを回ることになるけど、アドセンスの掲載されているブログが多くなると欠点を探すのが難しくなる。

ブログで良いところだけを書いてることが多いサイト、よく見かけます。いいところばかり強調して書けば、情弱と呼ばれる情報をかき集めるのが手間な人、面倒だからと検索しない人は広告から購入しやすくなるでしょう。

 

でも、本当にそれでいいんでしょうか?

 

売り上げが増えていいよ、ってなっても、本当のバランスで書かないとどこかで話が破綻します。

 

  • いいことばっかり書いてたけど、あのブログは嘘ばっかり書いてる。
  • あの製品、メーカーはブログにいいところしか書かせてない(と誤解される)。

時間がたって、そういうことを指摘する有名人が現れたり、問題が発生して世間に知られることになるまでは楽しもうよ、広告で!というわけにはいかないんですね、私の価値観の都合上。

 

ということで、このブログでは何に遠慮することなく、良いところは良いところ、悪いところは悪いところとしてレビューをアップしています。

 

このブログに限らず、広告だらけでべた褒めだらけのブログに溺れないよう、みなさんも気をつけてレビューを参考になさってください。

 

もちろん、人の好み、ってところは大事だと思いますし、そこを重視して書いていることもあります。それはそれとして書き分けてるつもりです。

 

bokeboke