のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

【5月13日】ケガの治療に進化!





バンドエイド!

ここ最近じゃないかもですけど、キズパワーパッドはもう当たり前ですよね。

体液で包んで、傷の回復をうながすタイプの絆創膏。

ところが、大きな傷の場合には使えません。



大ケガ

先日、大人とは思えない大ケガをいたしました。

左腕のヒジより前の部分の大半を道路に打ちつけて、かなりの広範囲をすりむきました。

キズパワーパッドは当然使えないので、ガーゼを使います。


広い範囲の擦過傷を経験された方ならご存じとは想いますが、問題なのは、ガーゼの交換の時!

治りかけてると皮膚とガーゼがくっついて、ベリベリ剥がすのが痛いんですよね(T_T)

ガーゼの繊維の絡まった部分と、皮膚の復活してる部分を毎回剥がすので、治ってるのになんで剥がすんだ!と不思議に思ってました。



新しいガーゼの登場

しばらくケガをしてなかったので知りませんでした。

傷にくっつかないガーゼってあるんですね。

f:id:bokeboke_chan:20150511102356j:image

表面がツルツル加工されてて、剥がすときも昔ながらのガーゼとは異なり、ほとんど皮膚とくっついてないんです。



黄色い天使

さらにすごいのが、こちら。
f:id:bokeboke_chan:20150511102454j:image

ガーゼにフィルムが付いていて、フィルム側を傷に当てると全くくっつかない、さらにガーゼに貼り付ける大きなシートのシールも付いていて、とても便利です!

残念ながら、シートのシールは防水ではないので、ガーゼに染みこまされている黄色い特殊な液はしみ出してきます。布団やパジャマを汚してしまいました。

なので、使うときは、普通のガーゼで覆ってしまいましょう。

染み出した液をガーゼに染みこませることで、安心して使えます!

市販品も進化してるんですね

ケガを病院で治してもらったのは何十年ぶり?だったので、お医者様から
「常に湿らせてください」
と言われたのには驚きました。

薬を塗ったり、リバガードを使ったりして、常に湿らせた状態で皮膚の回復を待つ。

また、皮膚がペロッと剥がれている部分は、そのまま皮膚でふさいで下さい、だそうです。もちろん、清潔にしてからですけど、皮膚を切り取らずにフタをして、治ってから剥がすとは思いも寄りませんでした。

皆さん、ケガしてますか?(してないですよね(^_^;))


bokeboke


広告を非表示にする