のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


検索のコツを書いてみた。











こちらのブログを読んで、わたしの検索法をメモします。

個人的なコツ

現在の検索は、Googleを基本にしています。

10年くらい前はヤフーを基本にしていました。ところが、いつからか検索が全く当たらなくなりました。

登録型?だと当たらず、ロボット型?だと当たる。Googleに頼らざるを得なくなりました。



検索の方法は?

普通の調べ物は、普通に検索です。

  1. 基本となるキーワード
  2. 絞り込みのキーワードを半角か全角の空白を入れて入力。
  3. さらにキーワードを追加。
  4. さらにキーワード…。

キーワード検索では、サイトの指定や○○を除く、などあるそうですが、基本的には使いません。


商品の調べ方

商品名が一般的な名称であれば、

  • メーカー+商品名
で入力します。プリウス、みたいに唯一無二の固有名詞の場合は、商品名だけ入力します。

次にレビューや感想を知りたい場合は、【レビュー】や【感想】を追加します。

そして価格、値段を知りたい場合は、【価格】【最安値】【値段】などを追加します。


商品の検索をすると、公式サイトよりレビューしてるサイトが上に出てきたりします。こうなると、スクロールして探すしかなくなります。一流企業じゃないけど商品は大ヒット!な場合は、こうなりやすいです。


上でご紹介したブログのように、ハードディスクの容量などの数字が分かれば、数字も半角開けて入力します。



と入力すれば、該当する型式が出ると思います。



名前が分からないけど、の調べ方

まずは、分類。
食べ物?キッチングッズ?IT?自動車?ベビー用品?

どんな目的?便利なポイントは?

いくつかの単語をスペースを入れて並べると、だいたい検索は当たります。

例えば、
防水 iPhone

と検索すれば、LifeProofが出てきますし、

au系 MVNOと検索すれば、mineoやUQmobileが出てくると思います。

  • まな板 便利
  • コード 片付け スッキリ
  • 車 燃費 良くなる
  • ガソリン 最安値
  • ポスト 場所
  • 駐車 コツ
  • 風邪 予防 簡単
こういう普通の検索を何回も繰り返すと、Googleの検索の傾向がつかめます。

人気がある話題だと、必ずと言っていおほど、NAVERか、はてなが上位に来ますwww

かなり迷惑です。自分で調べたいのに人の検索のまとめを持ってこられると、やる気が無くなっちゃいます。

ということで、まずは、習うより慣れろ。何度も検索することをお勧めします。


ひらがな?

漢字や英語の場合は、読み方をひらがな入力してもだいたいヒットします。便利なポイントです。

以前は、
  • 完全一致(一言一句、ピッタリ)
でないと検索にヒットしませんでしたが、
  • たくさんの単語のうち、何個かにヒットした物を表示
や、
  • 似た単語も含めて表示
  • 誤記を訂正して検索・表示
など、どんどん便利になっています。



最後は?

検索して、検索サイトの傾向をつかみつつ、単語を選ぶしかありません。

bingで検索すると、いまだにまともな検索結果が出てきません。不思議です。



入力の単語が短ければ短いほど早く検索できます。
通信量も減らせます。

先に長めに入力するのか、短めに一発勝負で検索するのか、バランスを取るのか。

それは検索者の気持ち次第です。

ぜひ、良い人生のためにも、検索を適切に、速くできるようにチャレンジしてみてください。


一番大事なことは

見たいサイトにどんな文字が書かれているかを想像する

ことです。

bokeboke