読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


単位+数は老人専用言語?

豆知識

お伝えできない部分もあるので、まずは一例をご覧下さい。

 

一例

ギガが足らない(スマホの通信容量)

キロはいくつ(重さを確認)

カップ数(ブラジャー)

M寸(Mサイズ)

 

こういった、『単位』に数を足したり、『接頭語(キロ、メガ、ミリ、センチ)』を名詞とした使ったりって、お年寄りが意味が分からなくて使い始めたのかと思っていました。

 

でも、カップ数は、以前は『何カップ?』って質問してた使い方をして、『カップ数は?』とは聞いてなかったと思います。もちろん、『何』を使うことで野暮、だからカップ数、と言い換えることで表現を和らげているのかもしれないんですね。でも、カップとかギガって、基本的には若者が使う用語なので、老化現象が若い人に移ってるのかな?とか、そのかっこ悪さが若者の良さに変化したのか、これからも増えるのかもしれませんね。

 

しょこたんのギガとかもそうですが、かわいい人、発信力がある人が使っていると、簡単に許容されて、あっという間に広まりますよね。オタクだけで使っているとなかなか広まりませんけどw

 

もう高齢者専用用語ではない、単位の名詞化。

 

これからも楽しみです。

 

テラ、はかっこよくなさそうということで広まらなさそう…(テラって、宇宙的な感じがするけど、使われないでしょうね…)

 

bokeboke