読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびり生きてます/これから何をしましょうか?

「はやり」の波に乗ってみようと思っています。その挑戦と経過と結果を紹介しようと思っています。

スポンサー


【1月2日】M-1グランプリの感想。








今更ですが、M-1グランプリを拝見しました。

わたしの正直な得点だけをご紹介です。

わたしの点の付け方

最初のコンビを50点にして、2組目を25点か75点近辺に。その後は0〜100の間に入れていきます。


予選ラスト

  • メイプル超合金   50           基準点です。ただ、面白さの絶対値で言えば、30くらいです。息が合ってないたいうか、二人が別行動してるよつにしか見えないんです。
  • 馬鹿よ貴方は   70           メイプル超合金より面白かったので、こちらが面白い側の基準点に。
  • スーパーマラドーナ   70          馬鹿よ貴方は、と甲乙付けがたいので。
  • 和牛   70          同上
  • ジャルジャル   55          メイプル超合金と同じで、二人がそれぞれで勝手にしゃべってる感が強くて、違和感を感じました。ただ、メイプル超合金よりは間違いなく面白いので、55点です。
  • 銀シャリ   60          昔より息が合ってないような。ネタがしっかりしてるし、面白いけど、何かが心に来ませんでした。
  • ハライチ   58          息もネタもバッチリですけど、ネタが過激すぎ?前半の浮き足だった感じが、わたしの面白さにつながらなかった原因かも。
  • タイムマシーン3号   70          前のグループの70点と同じだけ楽しみました。面白い!
  • トレンディーエンジェル   65点          ご本人がおっしゃってましたけど、かみまくりで冷めました。それでも面白かったので65点です。

決勝

ですが、みんなひどいです。

銀シャリは、ベルリンの壁を連携させましたが使われたネタが全体的にパッとせず。
トレンディーエンジェルは昔からの定番ネタがほとんどで、わたしは見飽きてる物ばかりでした。
ジャルジャルに至っては、予選ラストのネタの焼き直し。言葉や小ネタの入れ替えだけと言われても仕方ないレベルで、個人的には絶句レベルでした。

これなら、予選の800点も得点が出ないんじゃ?という、私の中では笑えない低レベルな戦いでした。


まとめ

笑いは個人差の大きいもので、恋愛でも笑いのツボが同じがいいか、嫌いなツボが同じいいか、なんてネタにされるほど、個人差のあるものです。

決勝の3つのコンビニは、全て50点です。絶対値なら、
です。誰でもよかったです。

そろそろ、採点システムを変えた方がいいと思います。偏差値的で、最後にまとめて発表すべきです。

暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう!

ということで、採点システムの案です!
  • 1組目を真ん中にして、残りの面白さ度合いを並べる。
  • 一番下は0点まで、上限は100点とした配点システム。
  • どんどん面白くなった場合は、比率を変えて、一番面白かった人を100点にする。50点より下の人も、100点の比率に合わせて変更する。

こうすれば、順番の前後による有利不利は軽減されます。今は、発表してからまた次の点数を付けてるので、調整が難しすぎますよね。

こんなシステムには、絶対にならないでしょうけどね(^_^;)。


bokeboke